倒産防止共済が800万円(上限)に貯まったらどうしたらいい?

tax中小企業などが加入できる倒産防止共済。課税の繰り延べが可能な公的な節税制度として本来の目的よりも節税面が注目され人気です。さて、この倒産防止共済ですが、年間240万円まで拠出可能ですが上限800万円と決まっています。これ800万円貯まったらどうしたらいいんでしょうか?

続きを読む

会社員を続けながら副業として仕事をするメリット

isogashii_manフリーランスとして会社をやめて独立して働きたいと考えている方も多いかもしれませんが、リスクを減らすためにも、まずは会社員を辞めずにインターネット等を活用して副業として仕事を始めて、まずは形を作るというやり方もアリだと思います。

今回はそんな起業や独立を前提とした上でサラリーマン副業をするメリットを紹介していきます。

続きを読む

クラウドソーシングで安定した収入を得ることはできるのか?

computer_cloud_systemクラウドソーシングは、平たく言えばネット上で仕事を発注したり受注したりすることです。専用のサイトがあって日本だと、ランサーズやクラウドワークスとかが有名です。

そんなクラウドワークスが決算資料にてクラウドソーシングで仕事をしている人(クラウドワーカー)についての資料を発表しております。登録者80万人に対して月収が20万円を超えているのは0.013%という現実。

続きを読む

成功したフリーランス・自営業と所得税(累進課税)は相性が悪い

tax頭に成功したと付くのがいやらしいですが、フリーランスや自営業という働き方は一定の水準を超えてしまうと実はかなり税制面で負担が大きくなる働き方となっています。

最悪の場合、儲けの半分が税金として持っていかれる形になりますので一線を超えると税金のために働いているような状況となります。今回はそんな話と法人化の話にも触れていきます。

※ちなみに僕自身が成功しているというわけではありませんのであしからず。

続きを読む

倒産防止共済は個人事業主・フリーランスにとっては損な制度?

倒産防止共済(経営セーフティ共済)というのは、中小企業・事業主の連鎖倒産を防止するための共済です。掛け金を払っておけば、万が一取引先の倒産によって売掛金があればその分について掛け金の総額に応じて融資を受けられるという制度です。

ただ、それだけじゃなくて掛け金の全額が「損金」として認められており、支払のタイミングもかなり任意に決めることができるので節税対策としても魅力です。

その一方で所得が安定している人にとっては状況によっては不利になることもあります。今回は振りらーんすや個人事業主にとっての倒産防止共済のメリット、デメリットをまとめていきます。

続きを読む

仕事の経費はできるだけクレジットカード払いにする方が楽だしお得

loanフリーランスや個人事業主として仕事をする場合、仕事上で発生する経費はできるだけクレジットカード払いにすると楽でお得というお話です。今回はクレジットカードで経費払いするメリットと注意点をまとめて紹介していきます。

続きを読む

年商(売上)と利益(所得)の違い。年商は儲けの指標ではない。

loanフリーランスや個人事業、小さな会社をしていると人から年商を尋ねられることがあります。ときどき年商を答えるとすごく儲かってるんですね。と勘違いされることがあります。年商と利益(所得)は全然別物ですよ。

ということで違いをまとめていきます。俺、年商3000万円あるんだぜ!というは、本当に自慢できるおはなしなのでしょうか。

続きを読む

フリーランスに価値あり、国民年金の2年前納制度で割引&節税

pension国民年金の前納制度は通常は月払いの国民年金保険料をある期間分まとめて払ってしまうという制度です。平成26年4月からは従来の1年分の前納よりも長い2年前納も可能になりました。

この制度、上手に使えば保険料の割引が受けられるだけでなく節税(税金のコントロール)という面からも活用できる制度となっています。

続きを読む

仕事や勉強の環境と部屋の照明(電球)の色。昼白色と昼光色の比較

フリーランスの方などは自宅を職場としている方も多いかと思います。そうした時、仕事環境を整える上で大切なものの一つが「照明」です。明るさというのは私たちの仕事の効率などにかなり大きな影響を与えます。今回はそんな仕事や勉強の環境を整えるための照明(特に色)について紹介していきます。

続きを読む

将来の自宅購入を考えるならフリーランスは節税し過ぎないこと。住宅ローンの審査が通らない。

taxplanningフリーランスとしてある程度の収入をあげることができるようになると、「税金対策」に目が行きがちです。サラリーマンと違って、フリーランス(自営業)の場合は、経費などを使いやすいため、税金で取られるくらいなら節税しようという誘惑に駆られることになります。

もっとも、認められている範囲で節税をすることは全く問題ありません。その一方で、節税のやりすぎは税金という面からは問題なくても将来のローン審査などの与信が必要な時に問題となることがあります。特に、将来マイホームの購入などを考えている方は気をつけましょう。

続きを読む

フリーランスで働くA氏とサラリーマンとして働くB氏の働き方やお金に関するブログ