小規模企業共済とiDeCo(イデコ)は併用できる、フリーランスは最大年165.6万円の所得分を節税

フリーランスや個人事業主、あるいは会社経営者の方にとって人気の高い節税手段が小規模企業共済ですね。実際に私ももちろん利用しています。

また、もう一つの任期の節税制度にイデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)というものもあります。

この二つはご存知の方も多いと思いますが、併用が可能です。それでは、この制度を併用するにあたって、どのように使い分けや金額の振り分けをすればいいのでしょうか?

小規模企業共済とiDeCo(イデコ)の二つの制度の活用方法を紹介します。

続きを読む