企業の節税保険(生命保険)はどんな保険なのか?その仕組みを解説

生命保険で節税というのは個人はもちろん法人でもよく使われる言葉です。個人の場合は「生命保険料控除」という税制上の優遇がありますね。そしてこの生命保険を使った節税は法人(企業)でもよく利用されています。

生命保険を利用し、その保険料を経費(損金)とすることで、利益を小さくして節税とするといった仕組みの保険になります。今回はそんな企業向けの節税保険商品について紹介していきます。

ちなみに、フリーランス向けではなく、もっと成功して法人化(法人成)した方向けです。

続きを読む

小規模企業共済とiDeCo(イデコ)は併用できる、フリーランスは最大年165.6万円の所得分を節税

フリーランスや個人事業主、あるいは会社経営者の方にとって人気の高い節税手段が小規模企業共済ですね。実際に私ももちろん利用しています。

また、もう一つの任期の節税制度にイデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)というものもあります。

この二つはご存知の方も多いと思いますが、併用が可能です。それでは、この制度を併用するにあたって、どのように使い分けや金額の振り分けをすればいいのでしょうか?

小規模企業共済とiDeCo(イデコ)の二つの制度の活用方法を紹介します。

続きを読む

日本でキャッシュレスが普及しないのは決済手数料が高すぎるから

キャッシュレス社会を国が標榜しながらも、それを達成できないのは事業者にとって、それを導入するインセンティブが小さすぎるからだと思いますよ。

キャッシュレス先進国の韓国は国による支援があり、中国の場合は独占企業による囲い込みでそれが達成できているわけです。

最近はようやくというか、やっと決済コストが安いSquareとかのモバイル決済も登場しましたが、まだまだ誰もが手軽に導入できるとは言えないでしょう。

続きを読む