カテゴリー別アーカイブ: フリーランスの節税、税金対策

フリーランスは取引先にマイナンバーの提出が必要?マイナンバー提出で本名や住所、生年月日がばれる

mynumber_people2016年から本格的にスタートするマイナンバー制度。フリーランスとして働く方で特に報酬が源泉徴収されている方にとっては、マイナンバーを利用する機会がかなり増えることが予想されます。

フリーランスの方で報酬を源泉徴収される場合はカード+本人確認書類で相手方に番号を確認してもらう必要があります。ただし、そのマイナンバー通知で本名や住所、生年月日などの情報が相手に伝わります。

続きを読む

フリーランスが法人化するメリット、デメリットのまとめ

kigyou_business_manフリーランスとして活躍して一定の収入が得られるようになると、「法人化」というものが一つの考えとなるはずです。法人化すれば税金面での優遇や信用度の向上などのメリットがあります。

一方で、会計や申告などの手続きはやや煩雑化することになります。また、従業員を雇用するようなケースでは社会保険料の会社負担分が負担になるケースもあります。

このようにフリーランスの法人化についてはメリット、デメリットの両方がありますのでここでまとめていきます。

続きを読む

フリーランスのふるさと納税は「年末」に行うべき理由と活用方法

furusato_nouzei2015年くらいから爆発的な人気になっている、ふるさと納税。このふるさと納税はフリーランスや個人事業主であれば基本的に年末ぎりぎりにならないといくらまで寄付ができるか分からない構造になっています。

そのため、人気のふるさと納税はすでに終了となっていることも多いのが問題です。そんなフリーランスの方がふるさと納税を100%活用する方法を紹介していきます。

続きを読む

自宅を事務所にする時の家賃や光熱費、その他経費の按分(割合)

tax-sinkoku-zeimusho確定申告のシーズンですね。フリーランスだと、事務所を借りるというよりも自宅の一室を事務所にしているというケースの方が圧倒的に多いでしょう。そうした時は、当然家賃・光熱費・その他経費について、事業で使用した分については経費として認められますよ。

続きを読む

倒産防止共済が800万円(上限)に貯まったらどうしたらいい?

tax中小企業などが加入できる倒産防止共済。課税の繰り延べが可能な公的な節税制度として本来の目的よりも節税面が注目され人気です。さて、この倒産防止共済ですが、年間240万円まで拠出可能ですが上限800万円と決まっています。これ800万円貯まったらどうしたらいいんでしょうか?

続きを読む

成功したフリーランス・自営業と所得税(累進課税)は相性が悪い

tax頭に成功したと付くのがいやらしいですが、フリーランスや自営業という働き方は一定の水準を超えてしまうと実はかなり税制面で負担が大きくなる働き方となっています。

最悪の場合、儲けの半分が税金として持っていかれる形になりますので一線を超えると税金のために働いているような状況となります。今回はそんな話と法人化の話にも触れていきます。

※ちなみに僕自身が成功しているというわけではありませんのであしからず。

続きを読む

フリーランスに価値あり、国民年金の2年前納制度で割引&節税

pension国民年金の前納制度は通常は月払いの国民年金保険料をある期間分まとめて払ってしまうという制度です。平成26年4月からは従来の1年分の前納よりも長い2年前納も可能になりました。

この制度、上手に使えば保険料の割引が受けられるだけでなく節税(税金のコントロール)という面からも活用できる制度となっています。

続きを読む

将来の自宅購入を考えるならフリーランスは節税し過ぎないこと。住宅ローンの審査が通らない。

taxplanningフリーランスとしてある程度の収入をあげることができるようになると、「税金対策」に目が行きがちです。サラリーマンと違って、フリーランス(自営業)の場合は、経費などを使いやすいため、税金で取られるくらいなら節税しようという誘惑に駆られることになります。

もっとも、認められている範囲で節税をすることは全く問題ありません。その一方で、節税のやりすぎは税金という面からは問題なくても将来のローン審査などの与信が必要な時に問題となることがあります。特に、将来マイホームの購入などを考えている方は気をつけましょう。

続きを読む

フリーランスが考える節税策、401k(確定拠出年金)、国民年金基金、小規模企業共済の比較

チョイス個人事業主やフリーランスとして利益が出た時の節税策として代表的なのが401k(確定拠出年金)、国民年金基金、小規模企業共済の3つがあります。いずれも掛け金が全額所得控除されることになるため、所得税や住民税の節税効果が高いです。それぞれでメリット、デメリットがありますので、個人事業主、フリーランスがどれを採用するべきか、それぞれを比較していきます。

続きを読む

フリーランスとして開業届を出す理由とメリット、デメリット

startフリーランスとしてしっかりと働くというのであれば「開業届(と青色申告の申請)」は実利を考えても必要なことです。開業届は「事業の開始の事実があった日から1ヶ月以内に提出」となっていますが、実は出さなくたって問題はありません。罰則などももちろんありません。

ただし、出すことにるモチベーションの向上、青色申告など税制上有利な手続きを進めるためには必須ですので届は出しましょう。今回はフリーランスとして開業した人が開業届を出すべきかどうか?また、開業届提出のメリット、デメリットもまとめます。

続きを読む