カテゴリー別アーカイブ: フリーランスの健康・保険

サラリーマンしながら自営業・フリーランスをするのが最強な3つの理由

自営業やフリーランスとして個人事業主として働く、独立したいと考えている人に私がおすすめしているのはサラリーマンしながら自営業やフリーランスをするという方法です。

何かで事業をしたいと考えて、すぐに法人化するレベルを考えていないならまずは、兼業という道で事業を進めるべきです。そう思う理由をいく3つ挙げていきます。

続きを読む

妊娠・出産でわかる個人事業主・フリーランスの厳しさ

business_baby_sankyuフリーランスや個人事業主の社会的なセーフティーネットの小ささを感じることの大きなイベントとして妊娠と出産があります。特にこれから子供を作ろうと考えている若い夫婦世帯で会社員からの独立を考えているは場合はこの記事を熟読してください。

妊娠・出産に関する金銭的なサポートについて会社員と自営業(フリーランス)とでは天と地ほどの差があります。

続きを読む

国民健康保険料は、ふるさと納税や401kで安くなるのか?

tax税金が安くなるということで知られている「ふるさと納税」や「401k(確定拠出年金)」が近年話題で、いろいろなメディアで取り上げられています。

そうした中で、税金(所得税や住民税)だけでなく、フリーランス・自営業者にとって大きな負担となっているのが「国民健康保険料」だと思います。所得に応じて高くなる国民健康保険料はふるさと納税や401kを利用したら安くなるのでしょうか?

続きを読む

フリーランスが考える節税策、401k(確定拠出年金)、国民年金基金、小規模企業共済の比較

チョイス個人事業主やフリーランスとして利益が出た時の節税策として代表的なのが401k(確定拠出年金)、国民年金基金、小規模企業共済の3つがあります。いずれも掛け金が全額所得控除されることになるため、所得税や住民税の節税効果が高いです。それぞれでメリット、デメリットがありますので、個人事業主、フリーランスがどれを採用するべきか、それぞれを比較していきます。

続きを読む

フリーランスが病気や怪我で働けなくなった時の傷病手当金

sick会社員の場合、病気や怪我などで働けなくなった時、健康保険から「傷病手当金」というものが支給されます。おおよそですが、給料の2/3程度が健康保険から給付されるのです。

この制度があることで、病気や怪我などで働けなくなってもすぐに収入が途絶えるわけではないというセーフティーネットになっているわけです。一方、フリーランスや自営業にはこの傷病手当金というものは「ありません」。

続きを読む