成功したフリーランス・自営業と所得税(累進課税)は相性が悪い

tax頭に成功したと付くのがいやらしいですが、フリーランスや自営業という働き方は一定の水準を超えてしまうと実はかなり税制面で負担が大きくなる働き方となっています。

最悪の場合、儲けの半分が税金として持っていかれる形になりますので一線を超えると税金のために働いているような状況となります。今回はそんな話と法人化の話にも触れていきます。

※ちなみに僕自身が成功しているというわけではありませんのであしからず。

所得税は累進課税という考え方

日本の所得税制度は「累進課税」という方法を採用しています。

累進課税というのは稼ぎが大きくなるほど適用される税率が高くなっていくというものです。年の所得が300万円の人と2000万円の人とでは適用される税率自体が変わってくるというものです。
(参考:累進課税とは?)

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4.000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

(国税庁HPより)

上が日本の所得税率(2015年)です。

仮に年間の所得が500万円の場合

0~195万円以下の部分:5%で9.75万円
195万円~330万円以下の部分:10%で13.5万円
330万円~500万円まで:20%で34万円
合計57.25万円

を所得税として納める必要があります。

このように、所得の範囲ごとに税率が決められており、その部分にはそれぞれの税率が課される仕組みになっています。

 

所得が900万円を超えた部分は33%が税金

所得が900万円を超えた部分に関しては33%、1800万円を超えると40%もの税金がかかるようになります。住民税は10%なので1800万円を超える所得は半額が税金として取られる形になるわけですね。
(国民健康保険の負担も含めると半分以上になります)

「年商(売上)」と「利益(所得)」の違い。年商は儲けの指標ではない。でも書いたとおり、所得と年収は違いますが、ここまで成功してくると税金の負担が相当大きくなってしまい、働く意欲自体も小さくなってくるでしょうね。

 

一時的に儲かるような仕事だとつらい

そうはいっても儲かってるならいいじゃん。

という話もあるかもしれませんが、一時的に儲かるような仕事だと辛いですね。3年に1回だけまとまった利益ができるけど、残りの2年はそうではないというような場合は、平均的に売上(利益)が経っていくようなケースと比べると税負担は格段に高くなります。

Aさん
1年目:1800万円
2年目:0万円
3年目:0万円

Bさん
1年目:600万円
2年目:600万円
3年目:600万円

3年間のトータル所得は同じでも所得のまとまったAさんの所得税は1年目に440.4万円の所得税を納める必要がありますが、Bさんは3年間で231.75万円の所得税で済みます。

上記は極端な例ですけれども、収入がばらつく人はフリーランスだと税制面で不利になりやすいです。

 

法人化という選択

もっとも、そうやって儲かっている人は「法人化」という選択があります。
会社を興すことでこの問題はクリアできます。

法人の所得税は一定ですし、損金(損失が出た場合)は繰り越しをすることもできます。個人に対しては給料と言う形で一定の金額を出すようにすれば個人所得税の税率による問題は解決できます。

 

ふるさと納税は高収入フリーランスは活用したい制度

あと、フリーランスの方で儲かっている方は「ふるさと納税」を100%活用しましょう。2015年4月以降の寄付分についてはワンストップ特例制度で申告不要になりました。さらに枠も2倍とかなりの節税に。

返礼品がいらないという方は別ですけどね。
ふるさと納税が高所得者にとって有利過ぎる件。高い逆進性は問題?」も参考になるかと思いますよ。使える制度は上手に活用することも大切ですよ。