ビジネスとクレジットカード

仕事の経費はクレジットカード払いにする方が楽だしお得

フリーランスや個人事業主として仕事をする場合、仕事上で発生する経費はできるだけクレジットカード払いにすると楽でお得というお話です。

今回はクレジットカードで経費払いするメリットと注意点をまとめて紹介していきます。

プライベートと事業用でカードは使い分けるべき

まず、フリーランスや法人としてクレジットカードを使った決済をするのであれば、かならず「プライベートと仕事用のカードを分ける」ようにしましょう。

理由としては後々の会計処理が容易になることに加え、税務調査等が行われたときもデータの提出等がやりやすいからです。

あんまりクレジットカードは使わないんだよなぁという場合でも、仕事用とプライベート用のクレジットカードは分けておくようにしましょう。

仕事の経費をクレカ払いにするメリット

まず、仕事の経費をクレジットカード払いにするメリットは大きく「会計処理がカンタンになる」、「仕事の経費でポイントが貯まる」という2点が上げられます。

クレジットカードで会計処理がカンタンになる

クレジットカードでの支払いの場合、「明細」という形でどこで買い物をしたのかが分かります。

買い物をする都度、領収証をください!という必要が無くなるのは面倒が無くて良いです。保存しておくのはレシートで十分。カード払いしたレシートとクレジットカードの利用明細書をホッチキスで綴じておくなどすれば完璧です。

最近ではクレジットカードの利用明細をデータとしてダウロードして、会計ソフトで一括読み取りするという方法も利用することができ、クレジットカード払いにすれば会計処理は格段に楽になります。

最近の会計ソフトだとクレジットカードの利用明細を自動で取り込んでくれて会計処理(仕分け)まで自動化してくれるサービスもあります。

全部カード払いにしてしまえば、ほとんど仕分け作業が不要になります。私も使っているけど、すごく便利ですよ。

仕事の経費でポイントが貯まる

事業用の資金って個人で買い物をするよりもかなり大きくなります。

法人用・個人事業主用のクレジットカードでも大抵の場合、個人用と同様にポイントを貯めることができます。

たとえ0.5%でも年間に1000万円の経費を払っているとすれば5万円分もポイントを貯めることができてお得です。

特に仕入れ販売をしているような場合やネット広告などにまとまったお金を使っているような場合にはクレジットカード払いができればかなりポイントを貯めることができるでしょう。

最近では所得税(法人税)だってクレジットカードで納付できるようになって大変便利です。

参考:所得税や法人税を国税クレジットカードお支払サイトで納付するメリット、デメリット

ビジネスカード(法人クレジットカード)がおすすめ

クレジットカードには個人利用前提の一般的なクレジットカードと、業務上の決済を前提とした「ビジネスカード・法人クレジットカード」というものがあります。

このどちらを利用するほうがよいでしょうか?

個人用カードを使う手もあるが、厳密には規約違反

個人事業主の方なら、わざわざビジネス向けのカードにするのではなく、個人用のクレジットカードを1枚仕事用と決めて使う方法もありますね。

一般的にクレジットカードのポイント還元率などは個人用カードの方が高いものが多いので、そちらの方が好まれる場合があります。

>>ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード
個人的には経費利用が多いならポイント還元が高いカードがやっぱりお勧めです。

ただし、カード会社によっては個人用のカードで事業性決済を繰り返すと警告を受ける場合があります。厳密には規約違反なので、ガッツリカードを使う前提ならビジネスカードの方をお勧めします。

法人利用ならビジネスカード(法人カード)

法人化されている場合は法人向けのクレジットカードがおすすめです。

個人クレジットカードの場合、法人名義の銀行口座からの振り替えは利用できないのが一般的です。そのため、基本的には法人クレジットカードを利用するようにしましょう。

>>法人カードのお勧めクレジットカード

 

私の場合は年会費がちょっと高いので痛いのですが、アメックスのビジネスゴールドを使っています。

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。