「年商(売上)」と「利益(所得)」の違い。年商は儲けの指標ではない。

loanフリーランスや個人事業、小さな会社をしていると人から年商を尋ねられることがあります。ときどき年商を答えるとすごく儲かってるんですね。と勘違いされることがあります。年商と利益(所得)は全然別物ですよ。ということで違いをまとめていきます。

年商=売上

年商というのは会社で言えば売上のことです。1000円のTシャツを3万枚売れば、1000×30000=3000万円になります。

年商というのはこの3000万円です。

 

商売には原価や管理費がかかる

年商はあくまでも売上でありそこから原価や管理費などが発生しています。

商品原価
ただ、3000万円というのは売上である一方で、商売である以上、「原価」があります。たとえばTシャツならTシャツの卸原価があるはずです。自分で製造している場合でも生地の原価がかかります。

一般管理費
また、スタッフを雇っているのであればその人件費。
店舗を抱えているなら、家賃・地代が必要になります。
他にも電話代、インターネット接続費用など色々なお金が商売をする上で必要になります。

たとえば原価として1000万円がかかったとします。代表者以外にスタッフ3名体制で年収350万円で雇用したとすると1050万円がかかります。
お店の家賃が月20万円とすれば240万円がかかります。
その他の諸経費が月10万円として120万円。

ざっくりですが経費として2410万円がかかっているということになります。これを年商(売上)から差し引くと純粋な儲けの部分は590万円となります。

個人単位で考えれば、この590万円が「年収」ということになります。法人の場合は「税引前当期純利益」です。

 

さらにここから税金が引かれる

個人事業主の場合はこの590万円から所得税や住民税などの税金に加えて、国民健康保険料や国民年金保険料を支払う必要があります。
この差し引いた金額が、会社員における「手取り」となります。

法人の場合も同様に法人税の支払が必要になります。
なお、法人の場合、代表者(経営者)に対する給料については一般管理費として支出した上で、一般的なサラリーマンと同様に所得税や住民税、社会保険料などを源泉徴収して支払います。

 

年商は会社の規模を示すが、儲かっているかどうかは別

ちなみに、こうした原価や管理費は業種や商売によって随分と変わります。薄利多売の大量販売が向く商売もありますし、ほとんど原価や管理費ゼロの商売もあります。

年商が1000万円でもほとんど自分ひとりで回せてかつ事務所もいらないというような商売なら儲かっていると言えるでしょうし、年商が1億円あっても事務所を構えて従業員が20人働いているとすればそんなにもうかっているとは言い難いでしょう。

そのため、年商だけでその会社や個人が儲かっているかは全然わかりません。