フリーランスに価値あり、国民年金の2年前納制度で割引&節税

pension国民年金の前納制度は通常は月払いの国民年金保険料をある期間分まとめて払ってしまうという制度です。平成26年4月からは従来の1年分の前納よりも長い2年前納も可能になりました。

この制度、上手に使えば保険料の割引が受けられるだけでなく節税(税金のコントロール)という面からも活用できる制度となっています。

2年前納で割引を受けられる

国民年金の保険料は27年度保険料15,590円、28年度保険料16,260円となっています。この保険料の2年分をまとめて支払うと、合計の保険料は「382,200円」となります。

ただ、前納制度を利用すればこの期間に必要な保険料は366,840円で済みます。つまり、差額である「15,360円」が割引分となるわけです。

言い換えると、約37万円を預けておけば結果として1.5万円が利息としてもらえるのと同じということになります。

年利に直すと2%程度になり、昨今の運用環境を考えるとかなり魅力的と言えるでしょう。

 

節税(税金のコントロール)にも使える

国民年金保険料は全額が所得控除(社会保険料控除)の対象となります。これはその年に払った分が対象になります。いつの分を払ったかは関係ありません。

フリーランスや自営業をしていると「今年は儲かったなぁ」という年もあれば「今年はちょっと厳しいなぁ」という年もあるはずです。

税金は儲かった時には沢山取られるようになっているので、儲かった年に前納制度を利用して年金保険料を払えばその分所得を圧縮することができ、節税にも役に立ちます。

 

1年前納と言う方法もある

ちなみに、2年分を一度に出すのはきついという方は1年前納と言う方法もあります。こちらの方が割引率は小さくなりますが、必要なお金は小さくて済みます(平成27年の場合は17万9160円)。

これでも普通に納めるよりも3840円安くなります。

ちなみに、1年前納の場合はカード払い(クレジット払い)も可能です。この場合はクレジットカードのポイントも貯めることができます。

だいたい1%分くらいが相場なので1790円くらいはポイントで得ができます。上手に活用してください。

ちなみに2年前納はクレジットカード払いできませんが、カードのポイントを考慮しても圧倒的に有利ですよ。