起業・独立で創業融資を考えた時のサラリーマン時代のお金との付き合い方

loan将来的に独立を考えている方で、公的な創業融資を検討している方もいるかもしれません。そうした方はぜひともサラリーマンの時からお金との付き合い方をしっかりとしておくべきです。「お金に対してだらしない人」と評価されると融資においても厳しく評価されてしまう場合があります。

今回はそんな創業融資を考えている方向けに、サラリーマン時代から考えておくべきお金との付き合い方についてまとめていきます。

信用情報はクリーンにしておく

信用情報というのは個人のローンやクレジットの利用状況です。日本では個人信用情報機関というところが管理しています。ここで延滞などの履歴(いわゆるブラック情報)が記載されているとほぼ絶望的です。融資は無理だと思ってください。

過去の延滞などの記録は返済後概ね5年程度で消えますが、不安な方は一度確認をしておくこともお勧めします。
ちなみに、信用情報(ブラック情報)の調べ方やどうしたらそうした情報がつくのかということは「クレジット・ローンの事故情報(ブラックリスト)はいつ消える?確認は?」が参考になります。

 

公共料金や税金などの未納はないか?

創業融資などでは個人の通帳や税金などの納付状況等も確認されます。こうした情報で未納、延滞などがある場合も要注意です。

 

カードローンなどを過度に利用していないか?

カードローンなどの利用は絶対にNGというわけではありませんが、過度に残高があるような場合は要注意です。
創業・起業の際は会社=個人(社長)という評価になりますのでカードローンの残高が多い場合は、家計収支がマイナスで危険性が高いと判断されかねません。

基本的には残高ゼロにしておくのが好ましいと言えるでしょう。複数のカードローンを利用しているような場合はおまとめローンなどを利用して集約し、早めに完済しておきましょう。

ちなみにおまとめローンを利用する時には諸々注意点もありますので「 おまとめローンのメリットとデメリット」などをご一読のうえ実施しましょう。

 

まとめ。お金にだらしないのはダメ

いずれにしても、銀行は事業の将来性も多少は加味するでしょうが、その人が「しっかりしている人か?」という点をかなり重視しています。
銀行などの融資は投資とは違い事業が成功しても戻ってくるお金は同じです。貸したお金に利息を付けて返してもらうのが仕事なのです。

ですから、「しっかりと返済をしてくれるかどうか?」が重要なチェック項目になります。ですから、真面目な人ほど評価は高くなります。

こうした行動は、開業を志した時点からしっかりと考えるようにしておきましょう。