ビジネスツール紹介

個人事業主やフリーランスにも社印(会社印)は必要か?

個人事業主・フリーランスとして独立・開業するけど、ビジネス用の印鑑(社印)、屋号入りの印鑑というものは必要なのでしょうか?

結論から言うと法的な手続き面では必要ありません。各種手続きは個人の印鑑でこと足ります。個人事業主の場合、法務局の印鑑登録は義務付けられておりませんので、自分自身が必要ないと考えたなら必要ありません。

ただ、対外的な信用のために角印や丸印を作っていらっしゃる方も多くいます。今回はそんな個人事業主やフリーランスにおける社印・会社印の必要性について説明していきます。

ビジネスとしての印鑑

法人の場合、会社組織の印鑑としては以下のものがあります。

  • 代表者印:契約時などに利用する(銀行印を兼ねるケースも)
  • 銀行印:金融機関への届出印
  • 角印:見積書や納品書、請求書、領収証などに押印する
  • 住所印(ゴム版)

ただ、個人事業主、フリーランスの場合は少し都合が違ってきます。

実務レベルで個人事業主に必要な社印はある?

個人事業主、フリーランスの場合、公的な手続きについては個人の印鑑で済みます。その他の場面でも、屋号入りでないとNGというケースは実は少なかったりします。

ただ、日本は印鑑社会でもありますので、場合によっては屋号入りの印鑑を用意しておいた方が良いことがあるかもしれません。

個人事業主、フリーランスに求められる印鑑は以下の3種類でしょう。

  • 屋号入りの丸印
  • 屋号入りの角印
  • 屋号・住所・氏名・電話番号入りのゴム印

屋号入りの丸印については、基本的には金融機関用ですね。契約には後述する実印問題があるのであまり利用しません。
丸印はビジネス用の銀行口座の印鑑として利用することが多いでしょう。

個人事業主の場合も、領収証などに個人名の印鑑を押すよりも、ビジネス名(屋号)の方がカッコいいので「角印」くらいは作っておいた方が良いと思います。

あと、住所を書く機会が多いなら住所印もなんだかんだであると便利です。手書きさせる申込書とか、ゴム版を打つだけでOKなんで手間が省けます。

契約時などには“個人の実印”が必要

まず、契約をする際それが重要であれば「印鑑証明」を求められることがあります。

個人事業主の場合、法人と違って事業としての実印というものはありません。契約の主体はあくまでも個人となりますので、必要になるのは個人の実印となります。

個人の実印に屋号をいれればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、実印に彫ることができる名前は住民票ウニ登録された戸籍上の氏名だけです。そのため、屋号を入れることはできません。

フリーランス、個人事業主としての印鑑を作る

これから独立・開業するのであれば、印鑑を作るというのは一つの通過儀式のようなものだと思います。出来上がったビジネス名(屋号)の印鑑を見たら結構気持ちいものです。

>>個人事業開業時の印鑑セット

私も長年個人事業主もやってきましたが、なんだかんだで日本は印鑑文化なので、WEBオンリーとはいかず、書面にハンコを打つ機会も多くて活用しました。

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。