銀行・ネットバンク・金融機関の活用術

GMOあおぞらネット銀行のビジネス口座は低コスト&1%のキャッシュバックがお得

2018年に開業した、GMOあおぞらネット銀行はGMOインターネットとあおぞら銀行が提携してできた新しいネット銀行です。

GMOあおぞらネット銀行は法人はもちろん。個人事業主やフリーランス向けの営業性個人口座にも対応しています。こちらの特徴はネットバンクならではの低コストであることはもちろん、利用金額の1%のキャッシュバックが受けられるという利用者還元も強みです。

特に決済額が大きなビジネスをしているなら1%還元はとてつもなく大きいです。GMOあおぞらネット銀行をフル活用しましょう。

>>GMOあおぞらネット銀行(ビジネス口座)公式ホームページ

個人事業主、フリーランスにもうれしい営業性個人口座

GMOあおぞらネット銀行は営業性個人口座の開設ができます。

個人名義ではなく屋号付きの口座となります。フリーランスや個人事業主、SOHOなどで活動する時、お金のやり取りは個人名よりは屋号名でやる方が相手からも信頼されます。

そんなGMOあおぞらネット銀行のビジネス口座を紹介します。個人事業主はもちろん、中小法人、マイクロ法人まで幅広く活用できる“お得な”ネットバンクになっています。

セキュリティ面ももちろん高い!電子証明書を無料発行

まず、ネットバンクに限らずお金をネットでやり取りするときに心配なのは「不正利用」などのセキュリティ面だと思います。

GMOあおぞらネット銀行は電子証明書を無料で発行できます。これを発行すると、所定のPC(発行済みPC)でしか振り込みなどを行えなくなります。利便性は犠牲になりますが、セキュリティ度は大幅UP(使わない選択も可能です)。

また、取引アプリ、承認アプリなども利用することができ、非PC利用の場合でもスマホを使って安全な取引が可能となっています。

利用料や振込手数料等のコストが安い

GMOあおぞらネット銀行はもちろん、オンラインバンキング利用料は無料です!当たり前でしょ?と思われるかもしれませんが、実は法人用、営業性個人口座のオンラインバンキングは有料が常識です。

都市銀行や地方銀行だと月1000円~2000円ほどの利用料がかかります。これが無料になるのは結構デカイですよ。

振込手数料はGMOあおぞらネット銀行間なら無料。他行宛は3万円未満が150円+税、3万円以上が238円+税となっております。

都銀や地銀のオンラインバンキングと比較すると100円以上安いです。チリツモで大きな差になります。

いつでも1%安く買えるGMOあおぞらネット銀行+VISAデビット

GMOあおぞらネット銀行の大きな強みといえるのがVISAデビットカードの存在です。

VISAデビットカードはVISA加盟店で使えるデビットカードです。デビットカードは普通預金残高から即時決済できるカードとなっていて、VISAが使えるお店やECサイトなどでカード払いが可能になります。

そしてカード利用額の1%が自動的にキャッシュバックされます。可能な取引はできる限りVISAデビットで支払うようにすれば1%の経費削減につながるわけです。これは大きいです。

キャッシュバック(値引き)になるので経理処理も楽ちんです。ポイント還元と比べてどう経理処理するかで悩まずに済みます。1%という水準も極めて高いです。

その他GMOあおぞらネット銀行の便利なサービス

  • セブンイレブンで24時間入出金可能(セブン銀行ATM)
  • 定額自動振り込みに対応で支払い漏れ予防
  • バーチャル口座の利用が可能
  • GMO系の決済やECサービスとの連携も

定額自動振り込みに対応で支払い漏れ予防

GMOあおぞらネット銀行は「定額自動振り込みサービス」がビジネス口座で利用できます。これは、あらかじめ指定した金額を自動で振込してくれるサービスです。

毎月の定額の支払いがある場合、設定しておけば振込漏れがなくなります。お金の支払いは“信用”ですから、抜け漏れを予防できるのはうれしいですね。

バーチャル口座の利用が可能

個人口座でもバーチャル口座が作れるのは珍しいです。バーチャル口座とうのは、特定用途専用の入金専用口座です。

特定のお客様、特定のグループ向けの口座番号を作ることができます。振込が多いお仕事だと入金の消込作業(入金がどのお客様のどの注文に対する者なのかを確認する作業)が大変ですが、グループごとに分けたり、顧客ごとに専用番号を振ることでその作業が一気に楽になります。

振込入金の氏名と金額だけで「どの入金なのか?」を管理するのは大変なので私もこのバーチャル口座はフル活用しています。

GMO系の決済やECサービスとの連携も

GMOあおぞらネット銀行は「あおぞら銀行」と「GMOインターネット」による共同設立の銀行ですが、GMOインターネットはインターネットサービスの中でも「インターネットのキャッシュレス決済」や「ECサービス(ネットショップ運営等)」で強みがあります。

個人事業主としてECサイト運営やオンライサービスを考えているのであれば、こうしたサービスとの連携もあるGMOあおぞらネット銀行に口座を持っておくと使い勝手も良いはずです。

GMOあおぞらネット銀行のビジネス口座開設に必要なモノ

GMOあおぞらネットのビジネス口座(個人事業主口座)の開設には「個人口座開設」を先にして、その後で「ビジネス口座」の開設をする形になります。

口座開設に必要なモノは以下の通りです。

  • 本人確認書類
  • 開業届または、青色申告承認申請書、確定申告書、個人事業開始申告書、納税証明書、各行政機関が発行した許認可証
  • ホームページのアドレスまたは事業案内

一番簡単なのは「開業届」ですかね。また、ホームページのアドレスや事業案内というのは、GMOあおぞらネット銀行が、口座開設の審査をするときに“この人は本当にビジネスをやっているのか?”の確認で使っています。

GMOあおぞらネット銀行の総合評価

あわせて読みたい
法人や個人事業主が活用したいネットバンクの選び方と銀行比較独立起業やフリーランスとして活動する場合、どうしてもお金のやり取り(決済)が必要になります。多くの場合は、銀行振込が使われることでしょう...

ネットバンクの中でも法人口座としても個人事業主のビジネス口座としてもどちらでもかなり使える銀行だと思います。

特にバーチャル口座とVISAデビットカードは秀逸です。メインバンクとしてはもちろん、サブ銀行としても使える銀行だと思います。

なお、個人用の口座としてもかなり評判が高いようで、ネットバンク比較ランキング(個人口座)でも高評価となっています。

>>GMOあおぞらネット銀行(ビジネス口座)公式ホームページ

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。