フリーランスの節税、税金対策

消費税軽減税率の導入と補助金。クラウド会計、POSレジ、キャッシュレス決済

2019年10月から消費税が増税されるとともに、軽減税率も導入されます。それに合わせて、中小企業や小規模事業者に対するシステム改修費のサポートとして補助金が国から支給されます。

個人事業主・フリーランスでも使えるので、補助金を活用してうまくクラウド会計やレジシステム、キャッシュレス決済を導入しましょう。

国のキャッシュレスや消費税増税に対するサポート・補助金

消費税増税に合わせて国はキャッシュレス決済を利用したポイント還元や軽減税率導入に伴うレジ改修やクラウド会計ソフトの導入などを支援しています。

キャッシュレス決済の導入補助金

中小企業・小規模事業者がキャッシュレス決済を導入する際に必要な端末同導入費用の1/3を決済事業者が負担することを前提に、残りの2/3を国が補助するというものです。実質的に導入費用が無料になるわけです。

さらに、決済手数料について2019年10月~2020年6月まで中小企業や個人事業主などが支払うキャッシュレス決済に伴う手数料(3.25%以下)についても1/3が補助されます。

キャッシュレス決済については「楽天ペイ」や「Square」のようなモバイル決済事業者が低コストを武器に導入店(加盟店)を増やしていきますが、導入補助金によってそれがさらに進みやすいでしょう。

なお、消費税増税後はキャッシュレスでの支払い時にユーザー(消費者)へのポイント還元が政府負担で増額される予定なので、増税後の消費減退対策としても中小小売もキャッシュレスを導入しておいた方が良さそうです。

クラウド会計 IT導入補助金

IT導入補助金というのは、中小企業や個人事業主などが自社の課題やニーズに合ったITツールの導入をする経費を一部補助するものです。

消費税増税で軽減税率が導入されると、仕入れに対して8%、10%の仕分けが必要となります。そうした際の会計ツールとしてクラウド会計を導入を考えている方も多いかもしれませんね。

あわせて読みたい
クラウド会計ソフトを比較。個人事業主・フリーランスにおすすめのソフトはどれ?クラウド会計ソフトはインターネットに接続することを前提とした会計ソフトです。事業をする上で必要な帳簿や納税のための確定申告書などの経理面...

IT導入補助金は補助率1/2となってます。

POSレジの導入・切り替え

軽減税率が導入されると複数税率に対応したレジの導入が必要になります。

レジの新規導入(新規開店も対象)や買い替えを行う中小企業者等を支援する補助金です。複数税率に対応したレジの購入(タブレットを利用したレジやレシートプリンターも対象)に対して3/4が補助されます。

レジを導入した後に申請をします。なお2019年9月30日までに導入する必要があります。

せっかくの制度なのでビジネスに役立つなら補助金を活用しよう

個人事業主やフリーランスというよりも店舗経営の方向けの補助金となりますが、対象者の方は是非とも活用しましょう。

クラウド会計の導入などはどなたでも対象になりますし、POSレジの導入はお店とかをやっている人であれば、iPad(タブレット端末)の購入費用についても補助金対象となります(軽減税率対象商品を扱っている必要があります)。

こうした補助金などは自らが使う意思がないと使えません。上手く使っていきましょう。

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。