ビジネスツール紹介

クラウド会計ソフトを比較。個人事業主・フリーランスにおすすめのソフトはどれ?

クラウド会計ソフトはインターネットに接続することを前提とした会計ソフトです。事業をする上で必要な帳簿や納税のための確定申告書などの経理面をサポートしてくれるツールです。

インターネット環境とパソコンがあればすぐに利用することができるという点が大きなメリットです。

銀行やクレジットカードなどとの情報の連携が可能となっている点が特徴で、それによって仕分け作業などがほぼ自動化できる点が大きな強みとなっています。

クラウド会計ソフトと通常の会計ソフトの違い

クラウド会計ソフト
・・・専用ソフトのインストールはなし、データはインターネット上に保存されます。金融機関(オンラインバンキングなど)との連携が強み。インターネット環境が必須となります。

一般的な会計ソフト
・・・専用ソフトをPCにインストールして利用するタイプの会計ソフトです。一般的には買い切りで、維持費は不要なことが多い。インターネットと切り離した運用も可能です。

こんな感じの違いになっています。

クラウド会計ソフトのメリット、デメリットを知る

クラウド会計ソフトのメリット、デメリットを理解しましょう。メリットだけでなく注意しておくべき点もいくつかあります。

メリット

まずはクラウド会計ソフトの強みを見ていきましょう。

  • 常に最新のアップデートがされる
  • バックアップ環境
  • 銀行/クレジットカードなどとのデータ連携

まずは、強みとなる部分ですが、ソフトがクラウド化されているため、常に最新のデータや法律にアップデートされています。

また、データはクラウド環境でバックアップされているため、一つのPCで会計データを管理するよりも適切に保護されるでしょう。

最後の部分が最大の強みと言える部分で、銀行のオンラインバンキングサービスやクレジットカードの管理画面などと連携させることで、振込・振替・カード利用などの履歴を自動仕分け・自動入力ができます。

これによって会計処理の手間は大幅に削減できます。現金やり取りを減らせば減らすほど、手間が大幅に節約できるようになるわけです。

あわせて読みたい
法人や個人事業主が活用したいネットバンクの選び方と銀行比較独立起業やフリーランスとして活動する場合、どうしてもお金のやり取り(決済)が必要になります。多くの場合は、銀行振込が使われることでしょう...

デメリット

続いては弱みとなる部分です。

  • 税理士対応の有無
  • クラウドソフトならではの使い勝手の問題がある
  • 維持費が必要になる(ランニングコスト)

既に、税理士に依頼をされているような場合は、現在の税理士さんがクラウド会計に対応しているかどうかを確認する必要があります。最近の流れとして税理士さんも対応しないという選択肢は減っているでしょうが、マイナーなクラウド会計ソフトは嫌われるかもしれません。

また、ソフトを使うにしても、クラウド会計ソフトは専用ソフトをインストールするわけではないので、その分だけ使い勝手がちょっと違っています。通常の会計ソフトになれている方は、少し手間取るかもしれません。
自動入力の仕組みがあるので、私個人でいえばクラウド会計ソフトの方が圧倒的に早いですが、手入力前提なら専用ソフトの方が早いです。

最後はコスト部分です。通常の会計ソフトは数万円のソフトを買い切りであとは使えますが、クラウド会計ソフトは月々○○円という会費制となります。そのため、利用が長くなればなるほど、コスト高となります。

おすすめのクラウド会計ソフトを比較

個人事業主やフリーランスの方にとってのクラウド会計ソフトを比較していきます。おすすめはやはり一定の規模・シェアを持っているところです。

理由はやはり継続性です。会計ソフトは何年もの間使っていく必要があります。規模の小さい(シェアの小さい)ソフトはサービス終了となるリスクがあります。

  • MoneyFowardクラウド確定申告
  • freee
  • 弥生オンライン

最初のクラウド会計ソフトとしては、この3つくらいが比較対象となると思われます。

MoneyFowardクラウド確定申告

  • 料金(個人):1,280円~2480円
  • サポート:メール・電話・チャット・訪問
  • 無料体験:30日
  • 会計事務所連携:可能
  • POSレジ連携:あり

クラウド会計ソフトに加えて、請求書、経費管理、給与管理、マイナンバー管理などが可能になっており、総合的な事務管理が可能な点が強みとなっています。

請求書を発行している、従業員を抱えているような場合はおすすめです。一人でやっている(フリー)なら、ちょっと過剰サービスかもしれません。

>>MoneyFowardクラウド確定申告

freee

  • 料金(個人):980円~3980円
  • サポート:メール・電話・チャット
  • 無料体験:30日
  • 会計事務所連携:可能

とりあえず、クラウド会計ソフトを試したい方におすすめです。日々の取引入力や確定申告だけであればスタータープラン(980円)が用意されていてシンプルに青色申告ができます。

スタンダードプラン以上だと、各種帳票の分析や消費税申告、請求書作成、複数ユーザー管理なども可能になります。

>>freee公式ホームページ

弥生オンライン(やよいの青色申告オンライン)

  • 料金(個人):26,000円~30,000円(年額)
  • サポート:メール・電話・チャット
  • 無料体験:60日
  • 会計事務所連携:可能

弥生シリーズは会計ソフトの老舗です。通常の会計ソフトを販売していますが、クラウド会計ソフトとして「弥生オンライン」を提供しています。

個人事業主・フリーランス向けの青色申告オンラインは2カ月分の無料期間がありますので、しっかりとお試しをすることができます。

>>弥生オンライン(やよいの青色申告オンライン)

なお、「白色申告版」については無料で利用できます。青色申告をしない場合はこちらが一番安くできます。

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。