銀行・ネットバンク・金融機関の活用術

銀行にフリーランス(個人事業)の営業性個人口座/ビジネス口座を開設する方法と審査

銀行の口座開設って普通に窓口に行くとかネットから申し込みすれば、基本だれでも作れるものって思っていませんか?

個人用の口座ならそうなんでしょうが、事業用ってなると話は別なんです。屋号口座、ビジネス用の口座の場合は、口座開設時に審査があります。

今回は個人事業やフリーランスをやっている方が、ビジネス用の屋号付きの口座を作る意味と、審査内容などについてまとめていきます。

 個人の生活費用と事業用の口座は分けたほうが楽

まず、フリーランス・個人事業主として活動するのであれば、個人の生活費と事業用のお金というのは銀行口座を分けて管理するほうが楽です。

たとえば、お金の支払いがあるにしても

  • 事業(仕事)による入金:売り上げに入れる
  • 事業のための支出:経費になる
  • 個人の消費:経費にならない

となります。なので、事業上の入金や支出と、個人の入出金の口座は少なくとも分けておきましょう。

屋号付きのビジネス口座/営業性個人口座のメリット

入出金を分けるだけなら、個人の銀行口座を「仕事用」と「プライベート用」に分ければいいだけなのでは?という疑問もあるかと思います。

経理処理だけならそれでもかまいませんが、フリーランス・個人事業主といていろいろな会社と取引をするのであれば、屋号付きのビジネス口座/営業性個人口座を持っておくことをお勧めします。

フリーランスや個人事業主として報酬を受け取るのであれば、相手先に口座番号や名義を教える必要があります。こうした屋号付きの口座は「ビジネス口座」「営業性個人口座」などと呼ばれます。

その時の名称が「個人名だけ」だと個人感が強いです。できることなら名義は「屋号」でありたいですよね。

<通常の個人口座>
個人名

<ビジネス口座/営業性個人口座>
屋号名 + 個人名

というように名義に屋号がプラスされます。

屋号付きの方が信用力がある

後述しますが、屋号付きの営業性個人口座/ビジネス口座は開業時に銀行の審査があります。

メチャクチャ信用できるというわけじゃないですが、屋号付き口座の方が取引相手からは信頼されるでしょう。逆に、個人名義の口座への振込だと心配する人もいあるかもしれません。

送金時(振込時)も勘違いが起こりにくい

個人口座からの支払い(振込)をした場合、取引相手の通帳(入金情報)には「あなたの個人名」だけが記載されます。

通常のやり取りで「屋号」を使った取引をしている場合、入金先(取引相手)は誰からの入金なのかを確認するのが難しくなります。

個人事業の“屋号付き”の口座は審査がある

こうした口座開設には審査や条件があります。

銀行としても銀行口座が犯罪行為などに使われるのが怖いわけです。

  • ちゃんと事業が行われているか?
  • 事業の内容は明確で適法であるか?

このあたりがチェックされるわけです。必要書類もあります。銀行によって要求されるものは異なります。

  • 国税・地方税の領収書や納税証明書
  • 社会保険料領収書
  • 登記簿謄本(法人)
  • 事務所の賃貸契約書
  • 屋号の入った領収証
  • 開業届
  • 確定申告書
  • 会社・事業のパンフレット
  • 事業内容を記したホームページURL

全部必要ってわけじゃなくて、事業形態によって必要に応じてということになります。フリーランス(個人事業主)としてなら、税務署に提出をする開業届なんかが有効ですね。

確定申告や納税証明などは一定期間の事業実績がないとそもそも作れません。営業性個人口座の開設審査が厳しい都市銀行などはこのあたりが重視されることが多いですね。

事業をちゃんとやっているという証明の補助的資料として、会社(事業)のパンフレットやホームページなどがあると審査に有利です。

フリーランス・個人事業主の銀行口座はどこがいい?

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • ネットバンク

などが代表的かと思います。都市銀行(メガバンク)は知名度は高いですが、審査は厳しめです。一方で地域密着の信用金庫などはビジネス口座も開設しやすいです。地方銀行はその中間ですね。

ネットバンクについては、手数料が安かったりオンラインバンキング関連のサービスが充実しているのが特徴です。決済目的ならネットバンクが一番おすすめです。

あわせて読みたい
法人や個人事業主が活用したいネットバンクの選び方と銀行比較独立起業やフリーランスとして活動する場合、どうしてもお金のやり取り(決済)が必要になります。多くの場合は、銀行振込が使われることでしょう...

中でもジャパンネット銀行は「屋号名だけ」で振込入金ができるのでフリーランス/個人事業主の方に人気があります。

収納代行口座という手もある

ビジネス用の入出金だけなら収納代行口座を利用するという手もあります。収納代行口座は、お金の入金だけを管理してくれるサービスです。

あなたのビジネスの名前(屋号)の専用口座(入金専用口座)を作ってそちらに入金を受け付けて、それを後日あなたの銀行口座に振り込みをしてくれるというものです。

あわせて読みたい
フリーランスの収納代行サービス「フリーナンス」の評判とメリット、デメリットGMOが提供する「FREENANCE(フリーナンス)」というサービスがあります。フリーナンスは個人事業者・フリーランスを応援するWEBサ...

上記のフリーナンスというサービスは、個人事業主の方、フリーランスの方向けに手数料無料の収納代行サービスをやっています。こうしたサービスを活用するのも手かと思います。

 

以上、銀行にフリーランス(個人事業)の営業性個人口座/ビジネス口座を開設する方法と審査についてまとめてみました。

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。