ビジネスツール紹介

Amazonビジネスのメリット、デメリット、あえてAmazonビジネスを使う価値ある?

ネット通販大手のAmazonは、個人事業主やフリーランス、法人向けのサービスとして「Amazonビジネス」というサービスを展開しています。

  • 法人価格で買い物ができる
  • 請求書払いが可能になる
  • 複数ユーザーの登録が可能と

といった、個人アカウントにはない機能や特典があります。サービス的にはアスクルやkaunetといった法人の備品・消耗品購入サービスを意識したような内容となっています。

利用量は無料、利用には審査があり個人は利用できません(個人事業主としてなら利用可能です)。

ビジネスでAmazonを利用して買い物している人も多いと思いますが、その利用メリットを考えていきましょう。

法人価格で安い商品があるのは魅力

Amazonビジネスでは、個人用よりも低価格で購入できる商品があります。また、一部の商品は一定以上の数量のまとめ買いでより割引率が高くなる数量割引もあります。

一方で、個人アカウントよりも値段が高い商品はありません。そのため、基本的にAmazonビジネスで損をすることはありません。

法人にうれしい請求書払いや、担当者(複数ユーザー)で購入可能

請求書払い(後払い)にも対応しています。月末締めの翌月末払いが基本です。ユーザーごとに利用限度額(上限額)が決まっていますが、この辺りは過去の実績等を見ているようです。

法人ではクレジット払いに対応していないという方にとってはうれしいところかもしれませんね。(個人的には法人クレジットカードはあったほうが格段に便利だとは思いますが……「事業用クレジットカード(法人カード・ビジネスカード)の選び方」)。

また、一つのAmazonビジネスアカウントで複数のユーザーが買い物をすることができます。担当者ごとに上限額を設定したり、注文はできるけど、最終的な商人は管理者が「承認」をしない限り発注されないといったような制限も可能です。

Amazonビジネス利用における注意点

メリットを紹介してきましたが、以下はAmazonビジネスを利用する上での注意点となります。

1)アカウント作成は審査制で個人事業主は少し面倒

Amazonビジネスは審査制となっています。そのため、だれでも利用できるわけではありません。「申し込みページ」から必要事項を入力して完了です。

現在利用しているアカウント(個人用アカウント)をAmazonビジネスアカウントに変更することもできますし、個人用とは別にアカウントを作ることもできます。

個人的には公私を区別する意味でもアカウントを分けたほうがいいと思います。ただし、その場合、個人用とは別のメールアドレスが必要になります(個人用/ビジネスアカウントの切り替えはサイト上で可能です)。

税務上もプライベートとビジネスの注文を分けておけば、個人の注文履歴などを税務署員に確認されることもありませんので、より都合がよいかと思います。

法人の場合、特に必要書類はありませんが、個人事業主としてAmazonビジネスアカウントを作る場合は下記いずれかの1点が必要となります。

  • 開業届書:コピー1部
  • 過去2年以内の所得税青色申告決算書:コピー1部
  • 過去2年以内の青色申告承認申請書:コピー1部

個人事業主の場合はちょっと面倒ですね。

2)Amazonプライムを利用している人への注意

現在、個人用のアカウントでAmazonプライムを利用している人が、Amaoznビジネスのアカウントを別に作った場合、配送におけるプライム特典が利用できなくなります。

ただ、ビジネス用にもBusinessプライム会員というシステムがあり、2000円未満での配送料無料やお急ぎ便が利用できます。

片方プライムならもう片方もプライムということはなく、別々のサービスとなっています。なので、個人用もプライムがいいし、ビジネス用もプライムがいいという方はプライム会費が2つ分必要になります。

  • Amazonプライム(個人):年3,900円
  • Binessプライム:年3,900円~25万円(ユーザー数による)

となっています。また、Businessプライムの方はエンタメサービス(プライムビデオやプライムミュージック、プライムリーディング)といった特典がありません。

3ユーザー以内なら年会費は同じなので、どっちかということなら個人用のAmazonプライムの方がお得かと思います。

ただ、ビジネス用途の方が“急ぐ”ことは多いと思いますので、悩みどころではありますね。ここがAmazonビジネスを利用する上での注意点といえそうです。

基本的にはアカウントは作っておいた方がいい

Amazonビジネスの利用価値を考えると、法人や個人事業主であるならアカウントは持っていおいたほうが良いと思います。

安い商品があるというだけでも魅力的ですからね。アカウントの切り替えも簡単にやれますので、法人の方であれば、とりあえず登録をお勧めしますよ。

>>Amazonビジネス公式ホームページ

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。