フリーランスになった時に考えたい健康保険・任意継続

health健康保険というのは、日本国における国民皆保険制度の一つです。単純には病院に行った時に3割負担で治療できる制度です。会社勤めをしている方は会社の「社会保険(協会けんぽや健康保険組合」として加入していた方も多いかと思います。じゃあ、フリーランスとして働く時、健康保険はどうなるのか?またどうするべきなのか?というのを紹介していきます。

フリーランス(自営業)の健康保険は原則「国民健康保険(国保)」

国民健康保険(国保)というのは地方自治体が運営している健康保険です。社会保険(社保/健康保険組合や協会けんぽ)に加入していない人は、基本的にこの国民健康保険に加入することになります。

保険料は自治体に納付します。保険料の金額は前年所得や世帯の加入者数(国保は世帯単位)、固定資産の有無や金額によって変わります。計算方法や保険料の上限も自治体によって変わってきます。

国保は家族持ちやマイホーム持ちは不利?

実は国民健康保険は「世帯単位」で加入し、世帯の構成人数(国保加入者数)と世帯の所得によっても変わってきます。「個人割」というものがあり、加入者が増えるほど保険料も増額されます。また、「資産割」がある自治体ではマイホームのように固定資産税がかかる資産を持つ人は保険料が加算されます。

一方で社会保険(健康保険)の場合は、個人単位で加入します。
社会保険上の扶養の条件を満たせば、配偶者や子などは追加の保険料なしで社会保険(健康保険)に加入することができます。

そのため、家族持ちやマイホーム所有者などは会社の社会保険から抜けて国民健康保険に加入すると一気に保険料が増えるという可能性があります。

 

前の会社の健康保険に入る(任意継続)がおすすめ

まず、前職で社会保険に入っていたというのであれば、前職の健康保険に最大2年間加入することができる「任意継続」というシステムが利用できます。

社会保険(の内、健康保険部分)に引き続き加入できるという制度です。社会保険の場合、保険料は会社と個人が半々で折半していましたが、退職したわけですので会社負担はゼロになります。

そのため、現職中と比べると保険料は「約2倍」になります。
ただ、それでも、国民健康保険と比べると安いというケースも多いようです。社会保険(健康保険)の保険料は「収入(標準報酬月額)」によって決まります。収入が高いほど保険料も高くなりますが、任意継続の場合は、標準報酬月額28万円が上限となっており、それ以上の収入を受け取っていた人は、少ない保険料で済むということになります。

国保の保険料が高い理由

蛇足ですが、国保の保険料が高いのは国民健康保険加入者の所得水準が低いからです。
国民健康保険の加入者はその多くが低所得者です。加入者の4割近くが年金収入、無職となっています。また、健康保険とは異なり天引きではないので、保険料未納者も多いというのが問題です。

そのため、サラリーマンが多く加入している社会保険(健康保険)と比べると全体的な平均所得が低く、国保に加入して人並みに稼げる人は、多くの他の所得が低い加入者の面倒を見る形となり保険料が高くなっているのです。