フリーランスの節税、税金対策

フリーランス減税といってもたったの数万円、2020年税制改正

2020年の税制改正においてサラリーマン世帯に対する増税に対して、ついでに行われるのがフリーランス減税です。

フリーランスという働き方が増えてきたのでという名目で、行われた改正ですが、どうみてもただの大義名分であってもフリーランスとして働いている方にとっては正直、あまり影響ないレベルの改正でした。

実際のところ、所得によって違いますが、減税となるのは5,000円~5万円くらいです。正直微妙……といったところですね。

2020年の所得税改革とフリーランス減税

2020年から実施される所得税改革は、大筋以下のようなものです。

  • サラリーマンの給与所得控除の引き下げ+上限設定(増税)
  • 基礎控除の引き上げ(減税)

この組み合わせです。サラリーマンは給与所得控除の引き下げと基礎控除の引き上げがイーブンなので、プラマイゼロ。一方で給与所得控除の上限によって控除が足切りされる人にとっては増税となります。

一方で、給与所得控除という控除自体がないフリーランスにとっては基礎控除の引き上げ(10万円)によってその分だけ減税となるわけです。

 

基礎控除(所得控除)の引き上げの影響

フリーランスをしている方にわざわざ説明するのも釈迦に説法な感じマりますが、一応。

基礎控除というのは、所得控除というもので、その控除分だけ所得を減らせるというものです。なので10万円の基礎控除の引き上げは10万円だけ税金の計算上で所得を小さくすることができるわけです。

10万円減税になるわけではありません。

じゃあ、実際いくら減税になるかっていうと、その人の所得によって変わります。日本の所得税は累進課税となっていて、所得が増えるほど税率が高くなるからです。

所得が低い人は5%なので10万円の所得控除は10万円×5%=5,000円の所得税減税となります。一方で所得金額が4000万円超の人の所得税率は45%なので減税幅は10万円×45%=45,000円になります。

 

フリーランス減税というよりもサラリーマン増税の結果論では?

あくまでも、私見ですが、今回のフリーランス減税というのは、サラリーマンを増税しようと思ったら、結果的にそうなったにすぎないように思います。

働き方改革などと言っていますが、フリーランスに最低報酬といったことも考えられているそうですが、フリーの定義が難しいですよね。

いずれにしても、2020年のフリーランス減税は減税というのは桁一つ足りないレベルだと思います。

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。