ビジネスツール紹介

クレジットカード決済は個人商店でも導入可能 カード決済のSquare(スクエア)の活用方法

小さなお店を開業している、あるいは簡単な物販やサービスの提供をしている。そういう方にとって自社のサービスの販売にクレジット決済を導入するのは実はそんなに難しいことではありません。

正しくは、一昔前までは大変だったのですが、今ではとても簡単になってきているというのが事実です。個人事業主やフリーランスの仕事においてもカード決済サービスはぜひとも導入するべきです。

今回はカード決済の中でも代表的なモバイル決済のSquareを紹介します。

これまでのクレジットカード決済システムを導入するまでの流れ

クレジットカード決済というと、専用の決済用の端末をお店に設置して、電話線(インターネット)をつないで、申し込みの審査をして……。といったように複雑な手続きに加え、初期費用もかかります。

さらに、クレジットカード決済をすると利用金額が小さいお店などでは5%を超えるような決済手数料がかかることも大きな根句です。

そんな面倒なことをするくらいなら現金払いだけでいいよ。と思われるかもしれません。

 

モバイルカード決済(クレジットカード決済)のメリット

そんな“面倒で費用がかかる”というクレジットカードの常識を覆すのがモバイルカード決済というシステムです。

日本では“Square(スクエア)”という会社が代表的です。

  • スマートフォンに端末をつないで利用する
  • なので、外でも決済ができる
  • 登録は数分、最短数営業日で審査も完了
  • 手数料は3.25%~と格安
  • 月額手数料無料

こんな感じのサービスになっています。iPhoneやAndroid端末に専用のリーダーを接続して、スマホにインストールしたアプリを通じて決済金額を入力します。

利用者はモバイルのリーダーを利用して決済を完了させるという形になります。

スマートフォンで決済というのがミソで携帯(スマホ)の電波が届く範囲なら外でも使えるというのは大きなメリットがあります。

また、多くのクレジットカード決済は利用がない場合でも月額○○円といった手数料が発生しますが、Square(スクエア)にはそうした固定コストはありません。

 

クレジットカード払いって本当に必要なの?

たしかに、クレジットカードでの支払いの場合、Square(スクエア)の場合でも3.25%の手数料が必要になります(JCBは3.95%)。

現金払いならこの手数料は払わなくてもよいわけで、現金払いの方がお得!と思われる方も多いかもしれません。

その一方で、クレジットカード払いができるということが、そのお店(サービス)を利用する決め手になるケースもあります。

現金払いは面倒というケースもありますし、クレジットカード払いならカードを利用する人側からすればポイントが貯まるなどの特典もあります。

同じ条件なら、クレジットカード払いができるほうのお店でお買い物をするという人も少なくないはずです。

ぜひ、これを機会にSquare(クレジットカード決済)を導入してみてはいかがでしょうか?

>>Square(スクエア)公式ホームページ

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。