キャッシュレス導入

クレジットカード決済のSquare(スクエア)の評判と他のモバイル決済との比較

小さなお店を開業している、あるいは簡単な物販やサービスの提供をしている。そういう方にとって自社のサービスの販売にクレジット決済を導入するのは実はそんなに難しいことではありません。

正しくは、一昔前までは大変だったのですが、今ではとても簡単になってきているというのが事実です。個人事業主やフリーランスの仕事においてもカード決済サービスはぜひとも導入するべきです。

今回はカード決済の中でも代表的なモバイル決済のSquareを紹介します。

>>Square(スクエア)公式ホームページ

これまでのクレジットカード決済システムを導入するまでの流れ

クレジットカード決済というと、専用の決済用の端末をお店に設置して、電話線(インターネット)をつないで、申し込みの審査をして……。といったように複雑な手続きに加え、初期費用もかかります。

さらに、クレジットカード決済をすると利用金額が小さいお店などでは5%~10%を超えるような決済手数料がかかることも大きなネックです。

そうした問題もあって、日本ではキャッシュレス決済(クレジットカード決済)のシステム導入が中小企業や個人事業主、個人商店には進まなかったわけです。

モバイルカード決済(クレジットカード決済)のメリット

そんな“面倒で費用がかかる”というクレジットカードの常識を覆すのがモバイルカード決済(モバイル決済)というシステムです。

最近は様々な会社が登場しています。代表的な所でいえば、今回紹介する「Square(スクエア)」の他にも、「楽天ペイ」や「Airペイ」などのサービスが代表的です。

これらのモバイル決済サービスの特徴は

  • 初期費用無料(端末代はかかる場合も)
  • 月額維持手数料無料
  • 決済手数料も3%台とお安い
  • スマホやタブレットなどと接続すれば使える

といった特徴があります。既存の大掛かりなクレジットカード決済システムと比較してローコストで導入できるのが大きな特徴です。

また、多くのクレジットカード決済は利用がない場合でも月額○○円といった手数料が発生しますが、そうした固定コストはありません。

そもそも、クレジットカード払いって本当に必要なの?

たしかに、クレジットカードでの支払いの場合、モバイル決済の場合でも3%以上の手数料が必要になります。

現金払いならこの手数料は払わなくてもよいわけで、現金払いの方がお得!と思われる方も多いかもしれません。

その一方で、クレジットカード払いができるということが、そのお店(サービス)を利用する決め手になるケースもあります。

現金払いは面倒というケースもありますし、クレジットカード払いならカードを利用する人側からすればポイントが貯まるなどの特典もあります。同じ条件なら、クレジットカード払いができるほうのお店でお買い物をするという人も少なくないはずです。

ぜひ、これを機会にクレジットカード決済を導入してみてはいかがでしょうか?

モバイル決済サービスSquare(スクエア)の特徴と評判

モバイル決済サービスの中でもSquareはもっとも手軽に導入できる決済サービス事業者です。

Squareはモバイル決済サービスの中でも日本国内で先駆者として活躍している会社です。店舗はもちろんですが、外で決裁することが多い人にも向いています。

  • スマートフォンに端末をつないで利用する
  • なので、外でも決済ができる
  • 登録は数分、最短数営業日で審査も完了
  • 手数料は3.25%~と格安
  • 月額手数料無料
  • 端末代金が安い(無料)

こんな感じのサービスになっています。iPhoneやAndroid端末に専用のリーダーを接続して、スマホにインストールしたアプリを通じて決済金額を入力します。

利用者はモバイルのリーダーを利用して決済を完了させるという形になります。

スマートフォンで決済というのがミソで携帯(スマホ)の電波が届く範囲なら外でも使えるというのは大きなメリットがあります。

他のモバイル決済と比較したSquareのメリット、デメリット

<Squareの強み>

  • どの銀行にも振込OK
  • 審査のスピード、導入までのスピードが速い(最短当日)
  • オリジナルのレジアプリSquarePOSがある

強みといえるのは、上記の点です。特に導入審査のスピードは速いです。決済端末さえあれば最短当日からクレジットカード決済が可能です。

また、オリジナルのレジアプリであるSquarePOSもあり、こちらを利用している方はSquareの導入が楽です。もちろん、他のモバイル決済もサービス的には連動しているのですが、オールインワンで行けるのは強みといえます。

<Squareの弱み>

  • 電子マネー非対応

最大の弱点はこれです。たとえば「楽天ペイ」の場合、Suicaやpasmoなどの交通系ICカードや楽天Edy、nanaco、iDといった電子マネーを使った決済にも対応していますが、Squareは非対応です。

手軽なモバイル決済(クレジットカード決済)導入なら最善

Squareはモバイル決済(クレジットカード決済)をスピーディーにそして手軽に導入したいというのであれば、一番有力だと思います。

>>Square(スクエア)公式ホームページ

一方で、飲食店等や実店舗などで様々な決済手段をできるだけ増やしたいというのであれば、楽天ペイの方がおすすめです。

あわせて読みたい
楽天ペイの導入方法とメリット、デメリット。店舗導入者の評判・口コミ紹介楽天ペイは楽天が提供しているキャッシュレス決済サービスです。お店やサービスに導入すれば、お客様とのお金のやり取りをクレジットカードや電子...

>>楽天ペイ公式ホームページ(決済)

 

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。