利用者急増のシェアオフィス。そのメリット、デメリット

shareフリーランスとして仕事をするとき「自宅」を事務所兼自宅とされる方も多いかと思います。もちろんそれでもOKなのですが、家族がいてどうしても集中できないというようなケースもあるかもしれません。

このほかにも内にこもりやすい業務の場合、外からの刺激がほしいという方もいるかもしれません。そんな方にシェアオフィスは従来の事務所と比較してローコストで利用可能なオフィス形態です。善し悪しを含めてどんなものか把握しておきましょう。

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは従来の事務所のように部屋を一部屋借りるというのではなく、スペースやパーティションなどで比較的簡易的に区切られたスペースを借りるというスタイルのオフィスです。コワーキングスペースと言う場合もあります。

複数の利用者が同じスペースを共有(シェア)するオフィスとして東京や大阪を始めとした都市部で増えています。

デスクや会議室はもちろん、複合機(OA機器)やネット回線などのオフィス機能も整っており、フリーランスや事業を始めたばかりの企業家などが利用することが多いです。

一般的なオフィスと比べても賃料や初期費用などの面で有利になることが多いです。

デスクなどのスペースはどうなるの?

シェアオフィスによって異なります。フリースペースとして広い空間(デスク)があり、好きな場所に座って仕事をするという場所もあれば、固定のデスクや個室ブースを借りることができるという場所もあります。
個室ブースの場合は施錠等が可能な場合がほとんどで、ある程度のプライベート性は確保できます。

 

借りる時の賃料はどうなの?

これも様々です。一般的に個室ブースは月額制となっているところがほとんどでしょうが、フリースペースのような場所であれば時間単位や日単位で借りることができる場所も多いかと思います。

 

 

シェアオフィスのメリット

シェアオフィスを利用する上でのメリットをまとめていきます。

コスト感が手ごろ

費用的なものは、一人単位で考えると安いです。貸事務所などは一人での利用というのは想定していないため、一人で借りるとスペースを持てあましてしまい割高となります。

また、会議などが多いというのであれば、その会議のための打ち合わせスペースを用意しなければならないなどの問題も多いです。

そうした問題をシェアオフィスなら解決できます。一人での開業の様な形であれば、必要最低限のスペースを借りることで活用できますし、会議室などもシェアできるので合理的です。

 

入居者間でのコミュニケーションが活発

シェアオフィスは一般的な貸事務所と異なり、プライベートな空間よりもよりパブリックな空間となっています。
その中で多くの起業家やフリーランスで仕事をしている人たちが仕事をしています。

空間がオープンだからこそ、シェアオフィスで働く人たちとの交流もより多くなります。

そのような交流を通じて刺激を受けるということもあるでしょうし、仕事の幅が広がったり、シェアオフィスの中で仕事が成立するようなことだってあるかもしれません。

このようなコミュニケーション関係がある、作りやすいというのはシェアオフィスを活用する上で大きなメリットと言えるでしょう。

 

シェアオフィスのデメリット

シェアオフィスはメリットだけではなく、デメリットもあります。

坪あたり単価は高め

一人だけのスペースで考えたら効率的ですが、従業員数名が利用するというような環境だと割高になるケースも多いです。
人数が増えるというタイミングはシェアオフィスから個室型のレンタルオフィスや、一般的な貸しオフィスへの移転を計画し始める時期かもしれません。

 

機密情報やセキュリティ面

シェアオフィスだとどうしても自由であり、不特定多数の人が出入りする機会が増えます。共有スペースが増える分、セキュリティ面はしっかり意識する必要があります。

大切な書類、金銭、データなどが盗難に遭うという可能性も否定することはできません。

 

声の漏れなどのプライバシー性が確保できない

シェアオフィスはたとえ個室ブースであっても通常のオフィスのように静音性はあまり期待できません。隣のブースの電話の声が聞こえるなどの事は日常茶飯事です。