フリーランスで株式投資をしている人は特定口座(源泉徴収あり)を選ぶべき

フリーランスや個人事業主の方でも株式投資をしている人は少なくないのではないでしょうか。そんな株式投資で儲けた時の税金の支払い方、特にフリーランスや個人事業主の人は納税方法の違いだけで、健康保険料(税)の支払い額が大きく変わってくることがあります。

フリーランスは源泉徴収ありを選びましょうね。

証券会社の特定口座は源泉徴収ありにしておく

長い文章を読むのが嫌な方は、証券会社における特定口座の税金の支払い方法のところが「源泉徴収あり」になっているかどうかを確認して、なっていないなら源泉徴収ありに設定しておけばOKです。

以下はなぜそうするべきなのか?という説明になります。

 

申告分離課税のしくみ

証券会社の特定口座で源泉徴収なしを選んだ場合、株の税金の支払い方法は「申告分離課税」と呼ばれる課税方法となります。

これは申告が必要だけど、事業所得(給与所得)などとは別に計算するよというタイプの申告方法です。株の儲けに対する税金は一律20%となります。

税率が他の所得と合算されることはないのでそれ自体には何の影響もありません。ただし、冒頭にも書いた国民健康保険料(税)については別なのです。

 

国民健康保険の所得にはカウントされる

国民健康保険料は所得によって計算されることになります。この所得というのは事業所得(給与所得)に対して申告分離で申告された所得も合算されます。

フリーランスの方が事業所得として300万円、株の儲けで100万円を申告した場合、国民健康保険料(税)の計算としては400万円の所得があるとみなされるわけです。

一方、株の税金の支払い方法について源泉徴収ありにしておけば、税金は「源泉分離課税」という扱いになります。これは銀行預金の利子などと同じ扱いです。分離課税なのでほかの所得と合算されません。

上記のケースでは株で100万円儲けたとしても300万円が国民健康保険料の計算の基本になります。

つまり、株でもうけた個人事業主やフリーランスは「源泉徴収なし」を選択すると保険料で損をするということになるわけです。

 

サラリーマンはどうなの?

サラリーマンの場合、健康保険料を決めるのは会社からもらうお給料の「標準報酬月額」というところで決まります。そのため、いくら株のもうけを申告しても、保険料は変わりません。

ちなみに会社員の場合は、以下のサイトにあるように源泉徴収なしを選ぶほうが得ができる可能性があります。

そのため、今回のケースはフリーランスに限定されるお話ということになります。気をつけましょうね。

 

以上、フリーランスで株式投資をしている人は特定口座(源泉徴収あり)を選ぶべきというお話でした。