フリーランスになったらすぐに積立を開始したい「小規模企業共済」

chukikyoフリーランス(個人事業主)として独立をしたら「小規模企業共済」への加入をしましょう。これはなるべく早い方がいいです。基本的には個人所得の節税対策となるものですが、利用期間が長いほど有利になる仕組みとなります。利益が出ていない段階からするの?と思うかもしれませんが、これはなるべく早い方がいいです。

小規模企業共済ってなに?

小規模企業共済というのは、個人事業主や小規模な会社の経営者を対象とした共済です。加入するのは個人単位で掛け金は全額所得控除の対象となります。
つまり、掛け金に対しては税金がかからなくなるという仕組みです。

そして積み立てていったお金は将来、事業を終了した時や引退する時(会社の場合は退職時)にまとめて受け取ることができます。

この時、受け取るときには「退職所得」という扱いになるので、所得税などの税金がかなり安くなります。

仕組みとしてはフリーランス、自営業者、零細企業の経営者などの退職金を積み立てておくというシステムです。掛け金は1千円~7万円までとなっており、ある程度自由に変更することができます。

システムについては
小規模企業共済(中小機構)
 社長・自営業者必見の小規模企業共済での節税・退職金作り

等のページも参考になるはずです。

ちなみに、戻ってくるお金は共済事由(理由)によって異なります。

A共済事由(事業の廃止や死亡)
B共済事由(老齢給付)
準共済事由(事業の譲渡など)

戻ってくるお金はA共済事由が最も多く、B共済事由、準共済事由ととづきます。ただしいずれも元本割れはありません。

ただし、上の共済事由に該当せずに、任意でやめる場合、240か月(20年)未満の場合は元本割れします。事業をやめないなら、最低月1000円でOKなので続けていきましょう。

 

なぜ早く始めた方がいいの?

理由は二つあります。
一つはフリーランスの老後は大変不安なものだからというのが一つ。もう一つは小規模企業共済は最低1年間のリスク期間があるからです。

フリーランスの老後は大変不安

社会保険に加入することができない個人事業主、フリーランスの場合、将来の年金はなにもしなければ国民年金のみとなります。

たとえば「国民年金・厚生年金の平均受給額」なども見てもらうとわかる通り、将来受け取れる年金額は国民年金のみの人(フリーランスや自営業者)と厚生年金の人(サラリーマン)との間ではかなり大きな差がでています。

今の収入はよくても、長い老後の生活を考えると国民年金だけでは絶対的に不足します。その老後を考えた場合、有利に積み立てが可能な「小規模企業共済」は有利です。

ただ、フリーランスとして働く場合、定年はありません。
そのため、老後を考えず働き続けるという選択肢があれば、老後問題については多少改善されるはずです。そのように長く働ける力を持ったフリーランスになりたいものですね。
この点については「稼ぐ力と同じくらい大切な「長く働ける力」」でも説明されています。お金持ちになるためにはまず稼ぎを良くするというのは金言だと思います。

 

小規模企業共済は1年間はリスク期間

また、独立してからすぐに始めた方がいい理由というのは、小規模企業共済は長く続けるほど有利な設計になっており、また加入から1年はリスクがある状態になるからです。

たとえば、小規模企業共済は加入から1年以内に共済事由(保険の支払い理由)が生じても免責となります。
そのため、開始から1年間に関しては掛け金を払っても補償はされないという状態になってしまいます。

小規模企業共済は最低1000円(月)から掛け金を決めることができますので、最初の1年間については1000円の掛け金にしておくことをお勧めします。

2年目以降は普通に保障されますので、所得等に応じて掛け金を調整(最大7万円/月)にすると良いかと思います。

小規模企業共済は個人事業の場合、1年経過後であれば事業をやめればいつでも満額が戻ってくる有利な制度となっています。