自宅を事務所にする時の家賃や光熱費、その他経費の按分(割合)

tax-sinkoku-zeimusho確定申告のシーズンですね。フリーランスだと、事務所を借りるというよりも自宅の一室を事務所にしているというケースの方が圧倒的に多いでしょう。そうした時は、当然家賃・光熱費・その他経費について、事業で使用した分については経費として認められますよ。

フリーランスの節税は経費と控除の積み上げ

「年商(売上)」と「利益(所得)」の違い。年商は儲けの指標ではない。でも説明しましたが、売上から経費や控除を引いたものが利益(課税所得)となります。

そしてこの利益(所得)に対して所得税や住民税といった税金が課税されることになります。

フリーランスとして働きながら税金を減らすためには経費と控除を積み上げることが大切です。

 

自宅の家賃や光熱費も経費になる?

答えから言うとなります。

ただし、どのくらい認められるかは別です。家賃の100%とかいうのはまず無理です。自宅のスペースの内、事務所(仕事)で使用している部分の割合に応じて決めることになります。

本業としてフリーランスをするなら50~60%ってところがラインになると思います。これを超えてくると突っ込みが入るかも知れません。

おなじように光熱費も割合で計算します。これも仕事で使った割合で考えましょう。例えば、ネットのお仕事をしているなら通信料は8割が仕事用。水道光熱費は2割といったように仕事内容に応じてあなた自身で考えて申告します。

水やガスを使うお仕事ならその割合はもっと大きくしても良いでしょう。

また、上記の割合は一例です。一軒家のようにお家が広い場合は事務所としての役割は相対的に低くなるはずなので割合も小さくします。逆にワンルームマンションなどの場合は割合が高くても不思議ではないですね。

 

自分の基準は大事

大切なのは「なぜその割合なのか?」というところです。自分で説明できる基準を作っておくとよいでしょう。

 

以上、自宅を事務所にする時の家賃や光熱費、その他経費の按分(割合)についてのお話でした。確定申告頑張りましょう。