フリーランスの節税、税金対策

倒産防止共済が800万円(上限)に貯まったらどうしたらいい?

中小企業などが加入できる倒産防止共済。課税の繰り延べが可能な公的な節税制度として本来の目的よりも節税面が注目され人気です。

さて、この倒産防止共済ですが、年間240万円まで拠出可能ですが上限800万円までと決まっていて、満額貯まったらそれ以上の拠出はできないようになっています。

これ800万円貯まったらどうしたらいいんでしょうか?

解約するまで放置するしかない

800万円の上限に達した場合は放置する他ありません。解約すれば再度、加入することができます。

ただし、同共済は40カ月(3年と4カ月)経っていない場合は満額での解約ができないのでご注意ください。

一部解約はできず、全額が戻ってくる

解約する時は「一部」はできずに全部の解約になります。800万円を丸丸貯めている状態だと800万円の「利益」がふってくることになるわけです。

この辺りは「倒産防止共済は個人事業主・フリーランスにとっては損な制度?」でも説明した通りでフリーランスの方にとっては使いにくいところですね。

法人の場合は役員慰労退職金で相殺するケースが多い

法人にしている場合は、役員退職金みたいな形で経費にするところが多いようです。

当然、役員個人としては所得になりますが、税制的に退職金(退職所得)は優遇されているので、出口としてはピッタリです。

一方で法人からすれば、退職金は「経費(損金)」となります。多額の損金が発生した際に満期金(800万円)が入金されても損失と相殺できるわけです。

フリーランス、個人事業主の場合はどうする?

やはり難しいのはフリーランスや個人事業主のケースですね。満期金が所得(利益)としてでてくると、所得税の税率(累進税率)が高くなり、節税していたはずが損になったなんてことにもなりかねません。

事業がうまくいっているのであれば法人成をして、共済金を引き継ぐことも可能です。

あとは多額の損失が発生するような年に合わせて受け取るようにするかですかね。

ABOUT ME
フリーランスA氏
フリーランスとして福岡でかれこれ10年くらい働いています。 これまでフリーランスとして働いていく上で役に立つと思うような記事を挙げていきます。