会社員を続けながら副業として仕事をするメリット

isogashii_manフリーランスとして会社をやめて独立して働きたいと考えている方も多いかもしれませんが、リスクを減らすためにも、まずは会社員を辞めずにインターネット等を活用して副業として仕事を始めて、まずは形を作るというやり方もアリだと思います。

今回はそんな起業や独立を前提とした上でサラリーマン副業をするメリットを紹介していきます。

1)収入の安定性が担保される

独立するとなると、それ以降のお金は自分自身で「生活費」も含めて稼いでいく必要があります。もちろん、独立をする時は、一定の間収入が無くても暮らしていけるだけの準備をした上で独立するはずです。

ただ、最初の計画通りにはすすまないことも多々あります。
本当は受託はやりたくないのに、お金(生活費)のために受託の仕事ばっかりになってしまったといったように、思った仕事ができなくなる可能性もあります。

一方で、サラリーマンをやりながらの副業であればお給料と言う安定性のある収入がある上で始めることができるわけです。

もちろん、副業と言う形になれば割くことができる時間も短くなるでしょうし、制約も出てくるはずです。その一方で「安定性」は大きな武器になるはずです。

 

2)自分ひとりでダブルインカム

たとえば、ブログでの広告収入のように継続性のある副業で収入を得ることができるようになれば給料+副業収入と言うダブルインカムを実現することができます。

ある程度副業の収入が大きくなってくれば、自分が本当に独立してフリーランスや起業した時でも、最低限の生活費をそうしたブログ等の収入が支えてくれる可能性が高いです。

ちなみに、私も独立して2年くらいはビジネスが相当厳しかったのですが廃業せずに続けることができたのはブログ(WEBサイト)による広告収入があったおかげで給料ほぼゼロみたいな状況でも事業を継続できたことが大きいです。

 

以上、会社員を続けながら副業として仕事をするメリットでした。ちなみに「サラリーマンが副業を始めるメリットって何?」で書かれていますが、結果としてサラリーマンを辞めずに副業と本業(会社員)のダブルインカムを続けていくという方法もアリだと思いますよ。