フリーランスの「屋号」とは何か?上手な屋号の付け方

yago屋号というのは、ショップやお店、店舗、商業行為を行うものの名前です。何らかのお店をするのであればそのお店の名称ということになりますね。屋号は登記などは必要なく自由に名乗ることができます。もちろん、フリーランスであっても個人名で仕事をするよりも屋号を持って仕事をする方が信用を得られやすいと思います。上手な屋号のつけ方を紹介します。

屋号とは?

仕事をするための名前です。
・会社組織と勘違いさせるような表現
・法令等によって許認可や申請の手続きを条件がある名称
・他人が商標登録している名称
でなければ自由に決めることができます。(参考:屋号とは?

フリーランスとして仕事をする上でも屋号を持っておくと何かと便利です。名刺などでも個人名の名刺よりは、屋号が入っている方がちょっと格好いいですし、信用度も高まると思います。

 

屋号を決めるポイント

屋号を決めるポイントというか、こういう屋号がいいよというアドバイスです。全部を満たすのは難しいと思いますが、基本は抑えておきましょう。

 

発音しづらい、聞き取りにくい屋号は×

相手が聞き間違えるような屋号はあまり好ましくないと思います。多くの人が皆が聞き間違えてしまうような屋号、言いにくい屋号は控えるべきでしょう。

アルファベットでもOKですけど、多くの人が読めない、誤読しそうな屋号もやめておきましょう。

 

業種が屋号で分かるとよい

どんな仕事をしているのかが屋号だけで伝わるというのはとても良いことだと思います。ありきたりですが、WEBデザイナーとして独立するなら「○○WEBデザイン事務所」などのように、屋号をみればどんな仕事をしてくれるのかがわかると

 

ありきたり過ぎる屋号は他とかぶるかも?

ありきたりな名前になってしまって、ホームページなどで屋号検索すると沢山の候補が出てくるというようなのは控えた方がいいでしょう。

同一の名称の屋号が沢山でてきてしまうと、お客様があなたを探しだせなくなるかもしれません。

 

商号や商品名、既知のブランド名などは控える

有名な企業やサービス、商品、ブランドの名前を模した屋号などは後々トラブルとなる可能性があります。利用の差し止め、場合によっては損害賠償請求などに至る可能性もあります。